今回は為替取引における基本的事柄についての説明をしたいと思います。為替取引とは「直にキャッシュの送金をしなくても金銭の受け渡しの意図をクリアするやり取り」を示します。為替市場といえば大体国際為替を言及するケースが大半です。外為というのは国同士の金の換金のことを言います。外国旅行(イギリス、韓国、ベトナム、米国)などした経験があれば確実に為替の取引をしたことがあると思います。銀行の窓口に行って外国のお金へ両替をするのは、それは国際の為替なのです。為替レートは、買おうと思っている人と売る側の値を表示するものです。銀行と銀行の間での取引の結果決まります。そこはマーケットメイカーと言われている世界中のいくつかの銀行です。為替のレートは周りからの働きを受けつつ休まず徐々に変化して行きます。相場を変えて行く動因となるのはファンダメンタルズというのが挙げられます。ファンダメンタルズが指すのは経済の動き、経済の基礎とか条件のことを表します。その国における経済の拡大や景気状態、物価、金融緩和、国際収支統計、失業者の割合、要人発言など複数の事柄が作用して為替相場は変化するのです。中でも国際収支統計と失業率は重大なのです。経常収支というものは省庁(外務省)の指令で日銀が輸出入統計を使って集計した他国とのある時期の経済上のやり取りを残したものです。外国取引の収支は中央官庁や中央銀行のHPなどで見られます。就職者の統計・無臭業者数も影響を与える場合が多い要因と言われます。中でもアメリカの就労者の統計は注目されます。月一で公示されリサーチするターゲットが幅広いことが特性です。為替のレートの状況は各国の経済の変化を指しているので。景気の状況を検証することにより為替のレートの状況予想が可能であると言うことです。