予測せず不意に出あってしまうのが自動車の事故です。この場面でどんな風に判断するかがポイントとなり自動車保険料の額も全く変化するケースも想定されますので落ち着いた考えと対策が必要です。考えていないハプニングに混乱してしまったら重大な事を逃してしまいこの先自身が大損を負わされる場合もありえるので事故を起こしてしまった状況では冷静に以下に述べる行動を行いましょう。自動車事故を起こした場面で一番にすべきなのは重軽傷者の状況の確認です。乗用車の事故の後すぐは訳が分からずショック状態になってしまうことがあり直ちに対処できないのが普通です。その状況では、怪我人がいたとしたら安全が確認された地点に運んでから応急手当を行い、救急車を呼ぶようにして人命優先を心掛けましょう。救急車を呼ぶ時には的確な事故があった場所を伝え分からない場合には目立つデパートや場所名を知らせその住所が分かるようにします。2番目に110番へ連絡し交通事故があった事、簡単に状況を話します。救急車とパトカーの到着を待っている間に相手側の身元を確認します。氏名、住んでいるところ、連絡先、ナンバープレート、事故の相手の保険の会社名のようなお互いの内容を言います。この時相手にミスがある場合は、現場で片付けようとする状況がありますがすぐにうやむやにするのではなくどんな状態にかかわらず警察署や自動車保険の会社に通報して、きちんと調査してもらう事が大切です。各々の身元を言ったら他者のじゃまになるのを避けるために妨げとなる物路上から取り除きます。もし被害が通りかかった人の車の障害物になっている状態では、お互いの情報を交換するより早くこの対応を行うことは大丈夫です。ここで自身の入っている保険会社に知らせ、車での事故が起こった事を知らせます。自動車の事故から特定の時間の間に自動車保険の会社に報告していないと、自動車保険の適用除外にされることも考えられるので気がついたら遅れることなく電話を入れることが必要です。事故内容の様子としてデジカメやタブレットで事故の現場や自動車の壊れた箇所が分かる写真をを写しておきます。それは過失割合を決めるかなり大きな証拠とできますので、己の自動車や相手の乗用車の状態をきちんと手がかりとして残しておくことが大事です。この状況で見た人がいたならば警官や保険屋さん来るまでその場所にそのまま待機してもらうようにお願いするのも重要です。